20代専業主婦との出会いはエロいし刺激的

20代の人妻さんとの出会い

休みでもやる事がなく、暇潰しも兼ねて出会い系サイトを閲覧していると、27歳の人妻が出会える男性を募集していました。

 

時間もあるし近場だし、すぐにメール送信。

 

すぐに返事が来て、「これから会いたいです!」との事。こういう掲示板を投稿している女性はすぐに会ってくれるので、こういう時は本当に助かります。

 

身だしなみを整え、待ち合わせ場所へ。

 

相手の女性はまだ来ていなかったので車内で時間を潰していると、15分位してから女性が到着しました。
「初めまして〜。サイトで掲示板を投稿した歩美って言います〜」と挨拶してきました。

 

言葉遣いもそうですが、見た目は普通にギャルでした。
いまいち人妻にはみえなかったのですが、ホテルまでの車中で話を聞くに、子供も2人いるバリバリの専業主婦との事。
「意外だねぇ」と言うと、やっぱり主婦に見られない事が多いそうです。

 

今日は旦那が仕事なので子供は親に預け、日頃の家事からくるストレス発散のために男漁りをしていたとの事です。
そうこうしている内にホテルに到着し、シャワーを浴びようとしましたが、「そんなのいいから早くやろっ!」とベッドに押し倒してきました。
「強引だね」と苦笑すると、「だって我慢できないもん」との事。
あっという間に全裸になった歩美ちゃん。俺も慌てて服を脱ぐと、俺に飛びついてきていきなりのディープキス!
積極的に舌を入れ、俺の口に吸いついてきます。歩美ちゃんの大きめの胸が俺の胸に押し当てられ、その柔らかな感触が俺のアソコを勃起させ、歩美ちゃんの太ももを押し始めました(笑)

 

「あ!元気になってる(笑)」そう言って、歩美ちゃんが俺のアソコをしゃぶってきました。

 

外見通り、こういう事の経験は豊富なのか、テクニックは半端なく高い。
ジュポジュポと卑猥な音を立て、舌や唇で刺激してきます。

 

「もうダメ、限界!」と俺が言うと、根元まで吸い付き、ジュ〜ッと思いっきり吸い上げてきました。
その強い刺激に我慢できずにあっという間に口の中で果ててしまうと、「たくさん出たよぉ」と口を開けて俺の精液を見せてくれました。
「飲んでみて」と言うと、「んふっ」と飲んでくれました。

 

興奮が最高潮に達した俺は歩美ちゃんを押し倒し、胸にむしゃぶりつきました。
むしゃぶりつくと同時に歩美ちゃんのアソコに指を入れ、かき回してあげると、「あん!上手!!」と喜んでくれました。

 

暫く続けていると、「舐めて」と言ってきたので言う通りにアソコを舐めると、「あ〜それいい!!」と絶叫する歩美ちゃん。
舐め続けていると1回ビクンッと身体を震わせ、「ん…ふぅ…」と甘い吐息を漏らしました。

 

「あ〜、イッちゃった〜。ねね、我慢できないからもう入れてよぅ!!」と、四つん這いになって俺にお尻を突き出してきました。
「分かった。入れてあげるよ」そう言って俺は後ろから挿入していきます。アソコに入るたびに、「ん、んんっ…」と小さく歩美ちゃんが喘ぎます。
可愛い声だなぁと思いつつ、根元まで全部入れると俺が動く前に歩美ちゃんが激しく腰を振ってきました。

 

「あ〜、いい、いい!!あ〜〜ん、かったぁあい!最高!!!」と必死に腰を振りまくり喘ぐ歩美ちゃんに負けない様に、腰を打ち付ける俺。
「いい!もっと打ち付けて!!」と催促する歩美ちゃんの希望に答えるように腰を受け付けていると、「あぁん、イクイク!!」とビクビク痙攣し始めました。

 

歩美ちゃんがイキ終わるのを見計らい、今度は俺の上に乗せて騎上位開始。
胸を下から揉みあげつつ腰を突き上げると、それに合わせて色っぽい喘ぎ声が聞こえてきます。

 

「ほら、歩美ちゃんも動いて!」と言うと、「う…ん、分かったよ」と少しずつ腰を動かし始めました。俺は俺で両手で胸を揉みしだきつつ、下半身の快感に身を委ねます。
暫く気持ちのいい騎上位を楽しんでいると、次第に射精感が込み上げてきます。

 

「うぅ…俺もうイキそう」と限界を告げると、「いいよ。ほらイって!イって!!」とさらに腰を打ち付けてきます。
「あ〜、ダメだ!イッちゃうよ!!!」と俺が叫ぶと歩美ちゃんはすぐさま陰茎を引き抜き、口に咥えてバキュームフェラ!気持ちよすぎる快感に耐え切れず、俺はすぐに口の中に出してしまいました。

 

「あ〜気持ちよかった〜」と暫く2人でベッドに横になり、快感の余韻に浸っていました。その後、お互いにシャワーを浴び、ホテルを後にしました。
エッチな人妻だったので今後も会えると嬉しかったのですが、「旦那にばれるとマズイからヤダ(笑)」と断られてしまいました。

 

まあ残念ですが、無理強いは出来ないですからね(笑)
でも今回のセックスは本当に気持ちよかったなぁ。もし機会があればまたやりたいです!