タダで満足できるセックスを綺麗な女性としてみませんか?

出会い系での要注意人物、援助交際・割り切り目的など金銭目的の女性とは関係を持つな!

.出会い系では援助交際、割り切り、パパ探し、神待ちなど金銭目的の女性が多いので注意

 

出会い系サイトを利用していると、どんなサイトでもそうですが援助交際や割り切り、パパ探し、神待ち等の女性が少なからずいます。要はエッチの代わりに金銭を要求してくる女性ですね。
確かにこれらの女性、お金さえ渡せばすぐにエッチさせてくれる人が殆んどなので面倒な手間はなくいいのかもしれませんが、女性の中にはお金だけもらってトンズラする人や、後から怖い人が出てきて金銭を要求する、「美人局」のケースもまれにですがあります。
要はお金目的に動いているわけですから100%、安全というわけではないという事ですね。
それに次に会う約束を取り付けられたとしても、またお金を要求されるわけですから、男側からしたらたまったものではありません。

 

なので、これらの女性とは会わないようにしましょう。金銭目的かどうかは、投稿している掲示板を見れば一目瞭然です。どの掲示板でも、男性の目につくようにお金の事を一番に書いてありますから…。
ご飯を奢ってあげたりホテル代を出してあげたりする位はいいですが、明らかな「金銭目的」な女性は避けた方が無難です。
お金を出さなくてもちゃんと出会えます。余計なトラブルは呼び込まず、安全な出会いを探していきましょう。

 

 

.取り締まり出来そうだけど難しい(個人からお小遣いをあげた、プレゼントとして渡したといえば免れるから)

 

出会い系サイトを閲覧していると、必ず金銭目的の出会いを募集している掲示板があります。

 

売春防止法には、「何人も、売春をし、又はその相手方となってはならない」と定められています。
お金を渡してセックスするのは援助交際=売春となります。なので、金銭目的とした掲示板を投稿するのは売春防止法に引っかかる行為であり、認められる行為ではありません。

 

ですが現実をみると逮捕者はいますがそれは少数であり、取り締まりが厳しい状況となっています。なので平然と売春が行われているのが現状です。
取り締まりが厳しいのには理由があり、それは、「立証が非常に困難であり、もし立証しようとするならそれは人権侵害に繋がる可能性があるから」です。
それにお金を渡してセックスしていたとしても言い逃れはできます。例えば、「個人的にお小遣いをあげただけ」、「プレゼントを渡しただけ」と言えば、それ以上の追及は出来なくなります。これ以上の追及は「人権侵害」に繋がってきますからね。

 

つまり金銭目的の出会いというのは、言い逃れが出来やすい、法のグレーゾーンなわけです。
だから取り締まりが非常に難しいのです。

 

ただ、先にも述べた通り法律に違反している行為なのは確かなので、こういった出会いを続けている人は当然、リスクを背負う覚悟は必要になってきます。

 

 

デリヘル業者が多いけど回避するには

 

出会い系サイトの中にはデリヘル業者が登録している時があります。まあ要は金儲けのために登録しているわけですが、素人の女性と出会いたい人にとっては迷惑以外の何物でもないですよね。お金を要求してくるし…。
ですがデリヘル業者を回避する、または見分ける方法はあります。それをいくつかご紹介したいと思います。

 

女性のプロフィールに詳細なスリーサイズが記入してある時は注意が必要。

よく考えてみて下さい。世の中の素人女性の中に、自分のスリーサイズを把握している人がいると思いますか?
スリーサイズなんて普段の生活の中では使いません。なので自分のスリーサイズなんてわざわざ測定したりしません。
なのでスリーサイズが記入してある女性は業者だと思って下さい。

 

登録地域と掲示板の投稿地域が違う。

デリヘル業者は登録地域だけで派遣していても思うように儲かりません。なので他の地区にも派遣してきます。
そのため、掲示板の投稿地域が違う場合は注意が必要です。

 

男性のエロ心をくすぐるような単語が満載の掲示板。

例えると、「継続的な性奴隷を募集」、「密かな愛人契約」、または、「エッチな授業を行っています」等です。
確かに魅力的かもしれませんが普通の素人女性はこんな言葉は使ってきません。
相手を誘惑してエッチに誘いこもうとする業者の定番の手口です。

 

他にもありますが代表的なのはこれ位でしょうか?
デリヘル業者を回避するのは簡単なので、これを参考にし、注意して出会い系を利用していきましょう。