失恋で病んでいる人妻もいる

セフレ探し 失敗例

この女とは絶対やっちゃいけないと強烈に感じたのは●●女だったから

 

 

大きく「人妻」と言っても人それぞれに環境が違う。

 

小さい子供を抱えて保育園に預けながら毎日常勤で働いている若いママさん、
子供が少し手を離れた30代後半の人妻さん
子供がすっかり大きくなった40代の人妻さん

 

それなりに悩みがあって、それを聞いて欲しいと思う時があるようで。

 

私は人の悩み事を聞くのは嫌いじゃない。
自分の事を安心出来る相手と思ったからこそ打ち明けてくれるのだから嬉しいと思う。

 

でも、本当に聞いているのがこっちも耐えられなくなるほどネガティブな話を延々と続けられるのはちょっと参る。

 

悩みを聞くのもセフレになる前の第一歩と思ってるんだけどさすがの私でももうお断りーーと思った失敗例を紹介してみます。

 

初対面での印象は良かったのに・・

 

初めてアイコさんに会った時は色白で華奢で私のストライクゾーンには入っていたからイケルかもって思った。
笑顔もかわいいし、時々ちょっと誉めると恥ずかしそうにするしぐさもいいなーと。

 

1回目に会った時は他愛もない話を楽しんだ。
何で出会い系に登録してみたのかとか、旦那さんとはセックスレスでもう男とは見てないし出来れば離婚したいと思うとか。

 

旦那さんは今単身赴任で他の土地に行っているから伸び伸びしているんだとか。
子供がいないし、専業主婦だし、何も不自由のない奥様なのだと思ってた。

 

後、最近まで出会い系で出会った男の事が好きだったんだーっていう所までは聞いた。

 

何となく影があるというか、ちょっと根っこは暗いのかもって印象はあったのはあった。

 

でも、1回目なので、あまり気にも留めなかった。
車の中では手をつないでくれたし、きっと次に会う時はホテル行けると思ってた。

 

2回目も居酒屋でデートしたけど

 

かわいい人だし、清潔感があって色が白くて、2回目に会うのだから今日はホテルまで行けるかもーーって思ってワクワクしながら会いに行った。
最初は居酒屋でデート。

 

 

ほろ酔いでお酒も入ったアイコさんに前の男の事を振ってしまった。

 

するとまだ気持ちは前の彼氏の事が大好きみたいで、諦められない様子だった・・
聞いちゃった自分が悪いのだけど、、、

 

他の男の話を延々聞かされるのはうざいぜ

 

 

他の男の悩みを延々と聞かされた。もう途中で帰ろうか・・って言いたくなったけど結局言えなかった。

 

その男との話はこうだ。
ラインを交換してラインでやり取りしていたけれど、ある日突然既読にならないようになった。

 

「ブロックされているのかしら・・」
「なんで急なんだろ・・」
伝えられない、聞いてくれないっていうので相当情緒不安定になったそうな。

 

自分でも「私、今病んでいるんです」
どうして突然連絡が途絶えたのか考えても分からなくって、聞いても答えてもらえないしとうとう職場にまで行ってしまったらしい。
挙句の果てにストーカーっぽい話にまで発展してしまった。

 

相手がサービス業だったから、お店の駐車場で終わるまでずっと待っていたのだそうな。
「奥さん、それって益々相手に嫌われますやん・・」

 

違う異性の話で過去形で「こんなことが昔あったんよーー」的な事なら受け入れられるけれども。
さすがの私も段々話を聞いているのも辛くなったぜよ。

 

出会い系ってどうなんやろー。
メールのやり取りだけじゃ分からないし、たくさん会わないと本当に気持ち良く過ごせる相手って難しいのかなあとかひょおおおおおと思うのであった。

 

ま、また使うけどね笑